お問い合わせ

無料メール相談アドレス及びメッセージ

ご自身が抱えている問題に対して、ネットの情報や本などから、被害者の立場で、その問題を理解し、解決の為の方針を求めたり、協議や賛助を選る事は難しいものです。
ご自身のケースがどの様に、法令や基準等にあてはまるのかを、ご自身で考えるには心許ないものです。だから、誰かにそれを確かめて欲しいと思うのも当然です。

そもそも

交通事故に遭われた方で5つの被害を被るケースがあります。
それぞれの役割や立場で、勝手な都合から、1つ目は加害者、2つ目は警察、3つ目が病院や医師(ヤブとは言えませんが、野暮な医師は始末に負えません)、4つ目が損保会社とその担当者(会社の文化?なのか、呆れた輩も)。
なんと5つ目はあたかも「ステマ」のごとく過大で誇張した内容を記載して期待権を侵害させた上に、仕事がお粗末で遅延気味の弁護士や行政書士です。
こうなると事故というよりは、もはや事件に巻き込まれた状態です。

もっとも

様々な情報はあふれていますので、「これ良かれ」と判断して対処した事が「これ悪しかれ」になってしまう事もあります。残念ながら、相手方損保の担当者とは、その役割を担う事を仕事としています。

そこで

被害に遭われて、後遺症がある方の無料相談を受けています。
全国の方から、月50件以上の無料相談を受けています。
お問い合わせの際には、ニックネームでも匿名でも結構です。ご住所や連絡先も不要です。
ご住所等の入力はご不要です。お預かりした内容は一切他言しません。
また、ハウスリストの収集等にも使用致しません。

また、無料相談の範囲については、数回のメールの送受信になると思います。
多くの方は無料相談で問題解決しています。
ご安心してご質問やお問い合わせをして下さい。

なお

ご依頼を頂く前にはご契約等の書面をお送りして、ご検討を頂いております。
その後こちらよりメールや電話にて催促することは一切ありません。
ご検討を頂き、その後ご依頼を承った時点で費用が発生する事になります。

ただし

最近は節度を逸した質問を頂くケースが増えています。
そういうご相談には一切ご返事を致しません。予めご了承下さい。

お問い合わせメールはこのアドレス宛にお願いします。

メールソフトが起動しない場合には、tanifuji@jiyuu-office.jp を宛先アドレスにコピー&ペーストして下さい。

ありがとうございました。

出来る限り、速やかな返信に努めさせて頂きます。

慈友行政書士事務所
営業時間は、平日11時~20時、土日休13時~18時です。

行政書士 谷藤 権浩(タニフジ ケンヒロ)

 

ページの先頭へ