第14級9号を求める異議申立

「局部に神経症状を残すもの」としての後遺障害認定

医学上の捻挫とは、外力によって関節が生理的可動域を超えて動いてしまった結果、関節包や靭帯の損傷が生じて、一時的に関節面の相対関係が乱れるが、すぐに位置関係が戻った状態をいい、骨折や脱臼などの「骨傷が無い」場合で、それ以外の軟部組織に損傷を来し症状が出ているものされています。
この捻挫後の症状は、認定基準に当てはめをして「局部に神経症状を残すもの」として認められた場合に、後遺症から後遺障害となります。
この骨傷とは、レントゲンやCT等の画像で確認できる損傷であり、骨傷が無い捻挫の傷病名では14級9号以外の認定はありません。
また、「局部に神経症状を残すもの」とは、障害の状態を示すものであり、どの様な状態であるかについてや、どの様な所見に基づき判断をするとか等の、詳細な事項の規定はありません。

自覚症状の推移や、症状経過をたどる

医師は初診時からの症状経過を診ています。 頸椎捻挫後の症状が後遺障害として認められるには、残存している症状が医学的に説明できる医証が必要になります。
その様子が、必ずしも、経過診断書に記されている訳ではありません。初診時より毎回診察を受け治療を受けていた事実を掘り起こす事も必要になります。

問診

医師は「いかがですか?」と愁訴を聞いてくれます。
視診
医師は、診察室に入る際の歩行の様子や、姿勢などを診ています。その様子から、見当を付けています。
触診・運動診
医師は、患部に触りその状態を確認しています。その上で、首の運動や手指の状態を徒手で検査しています。
画像診断
レントゲンは骨の異常の有無を確認するもので、頸椎捻挫の場合には骨傷は無い事を確認しています。MRIは、骨と軟部組織の異状を確認できるもので、主に神経の異状の有無を確認しています。

ご自身の自覚症状を整理する

 自覚症状の推移表 (72KB)

その上で、主治医へご依頼される検査や評価は

神経学的診断

画像診断後は、徒手で神経学的な誘発検査をしています。この検査結果は、健常又は異状なしが陰性又は(-)とされ、そうでない場合には(+)と記録されています。

重症度の評価

上記の診察結果から、重症度を判定して、その後の治療をしています。

医学的に説明又は証明が難しい

後遺障害等級の認定は、一般的には難しいと言われていますが?

そもそも、「痛み」とは目に見えないもので、しかも他人では分からないものです。
その上で、頸椎捻挫等から来る様々な症状は、それを裏付ける他覚的異常所見に乏しい面もあり、また、数値的に表されるものでもない為、一般的に難しいと思われているのではないでしょうか。しかし、痛みやシビレなどの症状が医学的に説明できる「カタチ」の医証が揃えば、それは後遺障害として認められる可能性が出て来ます。

頚椎捻挫等で頸椎捻挫と診断された方が、後遺障害等級に認定されるか否かの経験上・実務上からのメルクマールは、受傷時からの治療先での全ての診断書及び診療報酬明細書の記載内容を確認して行きます。まずは、相当因果性が検証できる事が出発点になります。それは一医による受傷機転(どのような原因でどのような結果をもたらしたか)の確認になります。頸椎捻挫等における急性期の症状経過では、後発症状の出現でも受傷より4週間以内になりますので、受傷後1か月以上を経て出現した症状では、因果関係が無いと判断されます。また、「受傷直後がもっとも重篤である」という基本的な認識から、初診時および急性期の症状所見を確認して行きます。急性期の所見が出発点であり重要な事項なのですが、不幸にして病院や主治医が、対処療法や消炎鎮痛剤のみの薬物療法での治療を繰り返し、肝心の他覚的所見の記載がないケースを多く拝見します。主治医との関係が良好である場合と、そうでない場合には対応の仕方が変わります。

事前認定にて「非該当」であった方が異議申し立てをするにもそのポイントがあると思います。認定されなかった理由、被害者が訴えている症状を一つ一つ精査し、的を射た立証資料を添付し異議申し立てをすることにより、適正に評価・認定されることはよくあることです。

異議申し立てには客観的な事実証明の立証を書類にするという積み重ねが大事ということです。

新たな医証での立証

異議申立に際しては,事実関係を変更するに値する新たな医証が必須です

他覚的所見の有無、特に反射、次に、知覚障害、局部のしびれ感、麻痺があるときに、神経学的所見として神経根症状誘発検査において陽性の所見が認められ、かつ、これを客観的に裏付ける画像上の椎間板の膨隆や突出、神経根の圧迫等が確認できる場合には、腱反射において亢進・消失・低下との所見があれば、これをもって器質的損傷と認められる事があります。
腱反射は医師も自賠責損害調査事務所も重要視する客観的な神経所見です。腱反射が亢進するということは、脊髄に何らかの異常があることを示し、腱反射が低下あるいは消失していることは、脊髄から出た神経の枝、神経根とか脊髄の根元の部分が一部痛んでいる事を示しています。また、病的反射も重要な神経所見になります。
したがって、レントゲン(X-P)にて「骨傷なし」と診断されても、MRI画像によって確認できる異常があり、腱反射にて低下・消失の所見がある場合には、異議申立によって14級9号に該当します。

頚椎捻挫の病態別

頚椎捻挫後の病態で、最も多いのが頚椎捻挫型の病態で全体の3/4の割合になります。この病態は神経学的所見として立証しずらいのが特徴です。
これに対して、神経根型の病態は全体の15%の割合いながら、立証し易いのが特徴です。具体的な症状としてしびれが有る場合に神経根型に該当します。

6つの相当因果性の確認

重要なのは治療経過と他覚的所見です。
後遺障害が認定されるための前提条件は、事故受傷後、医療機関にて外傷性傷病名が付され、その後半年間以上で延べ40日以上の通院加療履歴があり、かつ、その半年間に4週間以上の通院中断が無い事です。
その上で、相当因果性が在る事の認められる場合には、後遺障害として認定される事になります。
さらに、その認定手続きは、事前認定と被害者請求の2通りがあり、立証責任を伴う被害者請求手続きによる手段が、より適正で公正な評価が得られる事になります。

頚椎捻挫型の立証

最も所見が得にくい病態です

画像でも神経学的所見でも異常なしが頚椎捻挫型の特徴です。 頚椎捻挫の病態で最も多い頚椎捻挫型の病態では、市販されているマニュアルにはその記載はありません。
では、どの様に立証できるのかとの問題になります。
まずは、主治医に依頼して有位な所見を引き出す事が必要になります。その際、主治医は何がどんな事が有位なのかをご存じありませんので、こちらで準備をさせて頂く事になります。
市販されているマニュアルは神経根型の病態に適応するもので、この頚椎捻挫型には応用できません。そこがポイントになります。

被害者請求の手続きに伴う書類作成については、メール無料相談をご活用下さい。

情報はあふれていますが、それではご自身の問題に置き換えて問題解決するは出来ません。第三者としての専門家に相談してみることで、その後の事態は大きく変わる見込みがあります。また、無料相談の範囲については、数回のメールの送受信になると思います。多くの方は無料相談で問題解決しています。
ご安心してご質問やお問い合わせをして下さい。     

メール無料相談   

無料ご相談はこちらのページよりお願い致します。

 

ページの先頭へ