骨折後の変形障害

骨折後の変形障害に関しては、せき柱と体幹骨、上肢と下肢に分かれて、「著しい変形を残すもの」と「変形を残すもの」として、それぞれに規定されています。
この「著しい」とは、せき柱、上肢、下肢により詳細な規定があります。
後遺障害認定の前提条件は、初療時に骨折が確認できる画像(レントゲン=XP、CT、MRI)が得られていることと、適宜に経過観察がなされ、継続した治療履歴があり、その上で症状固定時前に同部位の画像が得られていることになります。
それらによって、残存した障害程度を後遺障害の認定基準に基づいて判断がなされることになります。

せき柱及びその他の体幹骨

せき柱

せき柱の変形障害は、「せき柱に著しい変形を残すもの(第6級5号)」、「せき柱に変形を残すもの(第11級7号)」となり、この「変形」とは、せき柱の後彎又は側彎の程度等により等級を認定するとされ、この場合、せき柱の後彎の程度は、せき柱圧迫骨折、打球等により前方椎体高が減少した場合に、減少した前方椎体高と当該椎体の後方椎体高さを比較することで判定されます。また、せき柱の側彎は、コブ法による側彎程度で判定されます。
一方、「せき柱に変形を残すもの」とは、下記のいずれかに該当するものになります。a.せき柱圧迫骨折をしており、そのことがエックス線写真等により確認できること。b.せき柱固定術が行われたもの。c.3個以上のせき柱について、椎弓切除術等の椎弓形成術を受けたもの。
最も多いケースはaで、せき柱圧迫骨折と診断されその画像が得られている場合には、第11級7号に該当することになります。

その他の体幹骨

「鎖骨、胸骨、ろく骨、肩こう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの(第12級5号)」とは、裸体となったとき、変形(欠損を含む)が明らかに分かる程度のものをいう。その変形がエックス線写真等によって、はじめて発見される程度のものは該当しない。と規定されています。
ろく骨の変形は、その本数、程度、部位等に関係なく、ろく骨全体を一括して1つの障害として取り扱うこととし、ろく軟骨についても同様に扱うと規定されています。
また、骨盤骨には、仙骨を含め、尾骨は除くものと取り扱うと規定されています。

上肢

偽関節を残すもの

上肢の変形障害は、「1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの(第7級9号)」、「1上肢に偽関節を残すもの(第8級8号)」と規定され、「偽関節を残し、著しい運動障害を残す」とは、常に硬性補装具を必要とするものであり、a.上腕骨の骨幹部又は骨幹端部にゆ合不全を残すもの、b.橈骨及び尺骨の両方の骨幹部にゆ合不全を残すものと規定されています。
「偽関節を残すもの」とは、a.上腕骨の骨幹部等にゆ合不全を残すもの、b.橈骨及び尺骨の両方の骨幹部にゆ合不全を残すもの、c.橈骨又は尺骨の両方の骨幹部にゆ合不全を残すもので、時々硬性補装具を必要とするもの。と規定されています。
この「硬性補装具」は、通常は医師の指示・監理によりオーダーメードで製作される程度のもので、樹脂製=軟性の物ではありません。

長管骨の変形

「長管骨に変形を残すもの(第12級8号)」とは、a.外部から想見できる程度(15度以上屈曲して不正ゆ合したもの)、b.上腕骨、橈骨又は尺骨の骨端部にゆ合不全を残すもの、c.橈骨又は尺骨の両方に変形を残すもので、硬性装具を使用しないもの、d.上腕骨、橈骨又は尺骨の骨端部のほとんどを欠損したもの、e.上腕骨の直径が2/3以下に、又は橈骨もしくは尺骨の直径が1/2以下に減少したもの、f.上腕骨が50度以上外旋又は内旋変形ゆ合しているもの。と規定されています。

他の障害の等級を準用するもの

上肢の動揺関節については、それが他動的なものであると、自動的なものであるとに係わらず、次の基準によってその等級を認定することとなる、(a)常に硬性補装具を必要とするものは、第10級に準ずる関節の機能障害として取り扱う。(b)時々硬性補装具を必要とするものは、第12級に準じる関節の機能障害として取り扱う。と規定されています。

下肢

偽関節を残すもの
下肢の変形障害は、「1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの(第7級10号)」、「1下肢に偽関節を残すもの(第8級9号)」と規定され、「偽関節を残し、著しい運動障害を残す」とは、常に硬性補装具を必要とするものであり、a.大腿骨の骨幹部等にゆ合不全を残すもの、b.脛骨及び腓骨の両方の骨幹部にゆ合不全を残すものと規定されています。
「偽関節を残すもの」とは、a.大腿骨の骨幹部等にゆ合不全を残すもの、b.脛骨及び腓骨の両方の骨幹部にゆ合不全を残すもの、c.脛骨の骨幹部にゆ合不全を残すもの。と規定されています。
この「硬性補装具」は、通常は医師の指示・監理によりオーダーメードで製作される程度のもので、樹脂製=軟性の物ではありません。 長管骨の変形

「長管骨に変形を残すもの」「長管骨に変形を残すもの(第12級8号)」とは、a.外部から想見できる程度(15度以上屈曲して不正ゆ合したもの)、b.大腿骨もしくは脛骨の骨端部にゆ合不全を残すもの、c.大腿骨もしくは脛骨の骨端部のほとんどを欠損したもの、d.大腿骨もしくは脛骨の直径が2/3以下に減少したもの、e.大腿骨が外旋45度以上又は内旋30度以上変形ゆ合しているもの。と規定されています。

他の障害の等級を準用するもの

下肢の動揺関節については、それが他動的なものであると、自動的なものであるとに係わらず、次の基準によってその等級を認定することとなる、(a)常に硬性補装具を必要とするものは、第8級に準ずる関節の機能障害として取り扱う。(b)時々硬性補装具を必要とするものは、第10級に準じる関節の機能障害として取り扱う。(c)過激な労働等の際以外には硬性補装具を必要としないものは第12級に準じる関節の機能障害として取り扱う。と規定されています。

被害者請求の手続きに伴う書類作成については、メール無料相談をご活用下さい。

情報はあふれていますが、それではご自身の問題に置き換えて問題解決するは出来ません。第三者としての専門家に相談してみることで、その後の事態は大きく変わる見込みがあります。また、無料相談の範囲については、数回のメールの送受信になると思います。多くの方は無料相談で問題解決しています。
ご安心してご質問やお問い合わせをして下さい。     

メール無料相談   

無料ご相談はこちらのページよりお願い致します。

 

ページの先頭へ