脊椎の後遺障害

せき柱及びその他の体幹骨の障害の後遺障害認定基準

せき柱及びその他の体幹骨の障害については、(1)障害等級表上、せき柱の障害に関してはその変形障害及び運動障害について、また、その他の体幹骨の障害に関しては鎖骨、ろく骨、肩こう骨、骨盤骨の変形について、それぞれ次のとおり等級が定められている。
せき柱の障害認定の原則は、頚椎と胸腰椎とでは主たる機能が異なっていることから、障害等級の認定に当たっては、原則として頚椎と胸腰椎は異なる部位として取り扱い、それぞれの部位ごとに等級を認定することとなります。

せき柱・変形障害・第11級の5「せき柱に変形を残すもの」(3)せき柱の運動機能の評価及び測定については、以下によるほか、「関節の機能障害の評価方法及び関節可動域の測定要領」による。

2 障害等級認定の基準、ロ 変形障害、(ホ)第11級5号「せき柱に変形を残すもの」とは、次ぎのいずれかに該当するものをいう。a せき柱圧迫骨折等を残しており、そのことがエックス線写真等により確認できるもの。

ハ 運動障害、(ハ)第8級2号「せき柱に運動障害を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいう。a 次のいずれかにより、頸部又は胸腰部の可動域が参考可動域角度の1/2以下に制限されたもの。(a)頚椎又は胸腰椎にせき柱圧迫骨折を残しており、そのことがエックス線写真によって確認できるもの。と規定されています。

骨折

骨折とは、骨における亀裂であり、脊髄や神経根を圧迫するものが不安定型とされ、圧迫の無いものを安定型と診断されます。
症状としては、痛み,腫脹,斑状出血,捻髪音,変形,異常な動きが挙げられ、外傷性骨折とは正常な骨に強い外力が加わって生じる骨折です。
骨折の治療には、仮骨形成が期待できるものは保存療法(徒手整復とギプス固定)が適応となり、鎮痛薬,固定,そしてときに外科手術が含まれるます。
骨折治癒過程は、炎症期、修復期、リモデリング期の3つの時期に分かれ、炎症期は骨折後、出血が起こり、胴部を中心に炎症反応が観察され、修復期は次第に骨折部を中心に紡鐘形の仮骨が形成され、リモデリング期(骨改変)では、その間に仮骨癒合が起こり、最終的には骨の連続性を取り戻し(骨癒合)、元の骨の形態に服する(改変)時期になります。
骨癒合に要する期間は、損傷部位や年齢に左右されるが、いずれの骨折も同じプロセスを踏んで修復される。下腿骨における仮骨出現までは4週、骨癒合まで6週間、機能回復まで12週間とされています。

圧迫骨折

「せき柱に奇形を残すもの」第11級7号

頚椎・胸椎・腰椎の圧迫骨折は、受傷機転や症状経過、他覚的所見によっても、外傷性の圧迫骨折であることが認められるものは、「せき柱に奇形を残すもの」として第11級7号に該当します。
「著しい変形を残すもの」第12級5号
その他体幹骨鎖骨、胸骨、ろく骨、肩甲骨又は骨盤骨の変形障害は、は裸体になったとき、変形(欠損を含む)が明らかに分かる程度のものは「著しい変形を残すもの」第12級5号とされています。

その他の体幹骨の変形障害

「鎖骨、胸骨、ろく骨、肩こう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの」第12級5号

この変形障害は、「裸体となったとき、変形(欠損を含む)が明らかにわかる程度のものをいう。したがって、その変形がエックス写真によって、はじめて発見し得る程度のものは、これに該当しない。」補足として、「ろく骨の変形は、その本数、程度、部位等に関係無く、ろく骨全体を一括して1つの障害として取り扱うこととし、ろく軟膏についてもろく骨に準じて取り扱う。また、骨盤腔には、仙骨を含め、尾骨は除くものと取り扱う。」と規定されています。

併合障害とは

併合とは、障害の系列を異にする身体障害が2以上ある場合に、重い方の身体障害の等級によるか、又はその重い方の等級を1級ないし、3級を繰り上げて当該複数の障害の等級とすることをいいます。

体幹骨の変形・運動障害と神経症状の組合せ

神経症状との併合

脊椎には脊髄が内包されていて、その脊髄から枝分かれをした神経が、体の各部位の運動を支配しています。外傷性の骨折によって、この神経に支障をきたし場合には、その部位の神経症状(痛みやしびれや筋肉の萎縮)が出現することがあります。
脊髄神経は皮膚感覚を支配しています。 脊髄はそれぞれ番号が付けられ ています。 何番の脊髄が皮膚のどこを支配しているのか(皮膚知覚帯)というこことを 示したものが下の図(デルマトーム)です。


症状固定と後遺障害

骨折の部位と神経が支配している場所が一致していることを高位診断といいます。例えば、骨折がC6(頚椎第6骨)では、手の親指にL5(腰椎第5骨)の骨折後に足底に症状が出現している。
腰椎下部・仙骨の損傷により馬尾神経の損傷に及んだ場合には、歩行障害や泌尿器領域の障害が合併されることがあります。
画像と高位診断によって、神経症状が存在が医学的に確認でき、その上で理学診断と併せて医学的に証明できる所見が後遺障害診断書に記載されていることにより、後遺障害として認定されることになります。


体幹骨の変形・運動障害と神経症状の組合せ

関連するページ

下記のページをご用意していますので、ご参照ください。

被害者請求の手続きに伴う書類作成については、メール無料相談をご活用下さい。

情報はあふれていますが、それではご自身の問題に置き換えて問題解決するは出来ません。第三者としての専門家に相談してみることで、その後の事態は大きく変わる見込みがあります。また、無料相談の範囲については、数回のメールの送受信になると思います。多くの方は無料相談で問題解決しています。
ご安心してご質問やお問い合わせをして下さい。     

メール無料相談   

無料ご相談はこちらのページよりお願い致します。

ページの先頭へ