後遺症と後遺障害の違い

病気や怪我をしたとき、療養してもなお機能障害や神経障害などの症状が残ってしまうことがあり、今後も回復が見込めない状態を一般的に「後遺症」と言われます。
これに対し、「後遺障害」は、労災保険制度や自賠責保険制度に登場する用語であり、「後遺症」のうち、それらの制度において補償金や保険金の支払対象にすると法令で決められたものです。 後遺障害と後遺症はほぼ同じ意味と思われていますが、後遺症と「後遺障害」には重要な違いがあります。
「後遺症」とは、治療を続けたにもかかわらず完治せず、将来的に回復が見込めない身体的又は精神的な症状が残っているようなことをいいます。 一般的に、被害者の方や医師が考えているのは、「後遺症」です。
これに対して、後遺障害とは、
1.事故又は災害にて受傷した傷病であること。
2.その傷病の治療については、自賠責保険又は労災による補償や給付がなされているものであること。
3.その傷病により残遺した症状が、自賠責保険又は労災法において、身体障害の格付けとして後遺障害等級と認定されたものであること。

後遺障害として等級認定される為の条件

後遺障害は身体障がいの格付け

病気や怪我をしたとき、療養してもなお機能障害や神経障害などの症状が残ってしまうことがあり、今後も回復が見込めない状態を一般的に「後遺症」と言われます。
これに対し、「後遺障害」は、労災保険制度や自賠責保険制度に登場する用語であり、「後遺症」のうち、それらの制度において補償金や保険金の支払対象にすると法令で決められたものです。
したがって、「後遺症」=「後遺障害」ではありませんし、残存した症状が「後遺障害」と認定される為には、その要件や条件があります。

自賠責保険における後遺障害

交通事故の被害に遭って後遺症が残ったときには、「後遺障害」の認定を受けることが非常に重要です。
後遺症が残っていても、後遺障害の認定を受けないと、必要な賠償金の支払いを受けることができないからです。
後遺障害の認定を求める手続きは、相手方の自賠責損保に対する被害者請求か、相手方の任意一括担当社への事前認定によるものになります。
自賠責における後遺障害とは、「傷病がなおったときに残存する当該傷病と相当因果性を有し、かつ、将来においても回復が困難と見込まれる精神的又は身体的なき損状態であって、その存在が医学的に認められ、労働能力のそう失を伴うもの」と規定されています。

損害賠償における違い

後遺障害分の慰謝料と逸失利益

自賠責保険の後遺障害に認定された場合には、症状固定日より将来分の後遺障害分を求償することができます。 この後遺障害分とは、慰謝料と逸失利益になります。
後遺障害分の賠償額は、その慰謝料と逸失利益の合算になりますが、逸失利益の方が高額になる場合がほとんどです。
その理由は、障害分は治療に係る実費と休業補償など、治療期間に掛る賠償分ですが、後遺障害は、不幸にしてその症状が生涯継続することになる場合に、その間の失われた利益=逸失利益を労働能力喪失率と基礎収入から算出されるからです。イメージとしては、傷害分は一時金であるとすれば後遺障害分は年金になります。
また、後遺障害分の算定は、認定された等級に応じるものですので、適正な等級認定を取得することが重要になります。

等級認定を得る為の手続き

請求手続きによって異なる結果も

後遺障害等級認定を受けるためには、具体的にはどのような方法をとればよいかご説明します。 後遺障害の等級認定は、損害保険料率算出機構(自賠責損害調査事務所)で行います。 後遺障害等級の認定申請を行う方法には、被害者本人が自ら申請する「被害者請求」による方法と、加害者の任意保険会社が請求を代行する「加害者請求」による方法があります。なお,「加害者請求」は一般的に「事前認定」と呼称されています。

一定の後遺障害が残り、治療を続けてもそれ以上は回復しないもしくはさほど回復の効果が見込めない状態を症状固定と言います。症状固定後、後遺障害等級認定の申請を行うことになりますが、一般的には、相手方の保険会社が行う事前認定を利用することが多いです。

そもそも、被害者請求の方法を知らない被害者の方も数多くいます。 事前認定では後遺障害認定の手続きを、事故の相手方である加害者の保険会社に任せてしまうことになりますが、被害者側が行う被害者請求と加害者側が行う事前認定では,被害者請求の方が後遺障害と認められる可能性が高いといえます。

被害者請求の手続きに伴う書類作成については、メール無料相談をご活用下さい。

情報はあふれていますが、それではご自身の問題に置き換えて問題解決するは出来ません。第三者としての専門家に相談してみることで、その後の事態は大きく変わる見込みがあります。また、無料相談の範囲については、数回のメールの送受信になると思います。多くの方は無料相談で問題解決しています。
ご安心してご質問やお問い合わせをして下さい。     

メール無料相談   

無料ご相談はこちらのページよりお願い致します。

 

ページの先頭へ