査証区分・在留資格・在留期間

ビザ申請・在留資格。

日本に入国し在留する外国人は、上陸許可に際し、あるいは在留資格の取得や変更の許可に際して決定された在留資格をもって在留することが原則とされています。
在留資格とは、外国人が日本に在留する間、一定の活動をおこなうことができる資格あるいは外国人が一定の身分または地位に基づいて日本に在留して活動することができる入管法の法的資格です。
在留資格の決定は、上陸の際には入国審査官が行い、在留資格認定証明書の交付及び上陸後の在留資格の変更については、法務大臣の権限とされています。
入国管理局への申請(例:在留資格の変更、在留期間の更新、永住許可など)は、外国人本人が地方入国管理局に出頭して行うのが原則です。この例外が申請取次制度であり、申請取次者が必要書類を提出することにより、本人の出頭が免除されます。地方入国管理局長から適当と認められ、申請人に代わって申請書等を提出することができる行政書士のことを、申請取次行政書士といいます。

 

ページの先頭へ